<参加者募集> 軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2017

トップへPathイベントPath<参加者募集> 軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2017
print

2017/7/26
<参加者募集> 軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2017

開催日時2017/9/1~2017/9/1

開催場所ハイアットリージェンシー福岡 2Fリージェンシーボールルーム

申込期限2017/8/30

定員150人


 福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議では、福岡発の組込み向けプログラミング言語「軽量Ruby」の活用に関心を持つ企業の皆様に最新の開発技術や開発事例の情報を提供し、組込み分野に関係するソフトウェア企業とハードウェア企業の皆様に交流していただく場として2015年7月より「軽量Ruby普及・実用化促進ネットワーク」の活動を行っています。今年度第1弾のネットワーク活動として、9月1日(金)に「軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2017」を開催します。

 当日は、名古屋大学未来社会創造機構の高田広章教授や、株式会社Speeeの畑中悠作様から、軽量Rubyに関連する組込みシステム技術の最先端の動向や、Rubyでデータ分析が出来る未来などについてご講演いただきます。

 また、Ruby開発者 まつもと ゆきひろ氏にRuby・mrubyの技術的動向等を伺うトークセッションや、九州工業大学 准教授 田中 和明氏による軽量Rubyを活用した高セキュリティ、実用化可能な世界初のプラットフォームの発表など皆さまに楽しんで頂けるセッションをご用意しております。交流会の部では、軽量Rubyを活用した”ものづくり”に関わるデバイス等の展示も予定しておりますので、様々な分野の方々と交流していただけます。

どなたでもご自由に参加いただけますので皆様のご参加をお待ちしております。

ネットワークへの加入も受け付けております
※ネットワークの概要や活動内容はこちらをご参照ください。
※フォーラムに参加しなくてもネットワークへの加入のみのご登録も可能です。

日時  
平成29年9月1日(金) 13:00開場
【講演会】13:30~17:20/【交流会】17:30~19:00
 
場所  
ハイアットリージェンシー福岡 2階
リージェンシーボールルーム

http://www.hyattregencyfukuoka.co.jp

 
定員  
150名(※先着順に受付。定員になり次第受付終了します。)
 
参加費  
無料  (※交流会は有料4,000円です。領収書をご用意しております。)
 
主催  
福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議、福岡県
 
共催  
特定非営利活動法人軽量Rubyフォーラム
 
後援  
州IT融合システム協議会
九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会
特定非営利活動法人九州組込みソフトウェアコンソーシアム
九州IT&ITS利活用推進協議会
福岡エレコン交流会      (順不同)
申込方法  
下記エントリーフォームよりお申込みください。
◆申込期限:平成29年8月30日(水)◆

お申し込みはこちら
 
 
 
 Program

 
 13:00   受付開始
 13:30   開会挨拶 福岡県
 13:35   来賓挨拶 経済産業省商務情報政策局情報産業課 
 13:40   軽量Ruby普及・実用化促進ネットワーク活動報告
・福岡県商工部新産業振興課 
13:50  
講演1
【車載組込みシステム開発の現状・動向とmrubyへの取り組み】
この講演では,車載組込みシステム開発の現状と課題,課題に対する様々な取り組みについて紹介し,自動運転技術や「つながるクルマ」が注目される中で,車載組込みシステム技術がどのように変化しつつあるかについて述べます。また,講演者が主宰するTOPPERSプロジェクトにおけるmrubyへの取り組みについて紹介します。

名古屋大学 未来社会創造機構 教授 高田 広章 氏

東京大学 助手,豊橋技術科学大学 助教授等を経て,2003年に名古屋大学大学院情報科学研究科情報システム学専攻教授に就任。2006年4月より附属組込みシステム研究センター長を兼務。2014年4月より現職。
組込みシステム開発技術の研究に従事し,オープンソースのリアルタイムOS等を開発するTOPPERSプロジェクトを主宰。名古屋大学発ベンチャー企業APTJ(株)を設立し,その代表取締役会長・CTOを務める。
~休憩~
14:55   講演2
【Rubyでデータ分析が出来る未来】
Ruby用のデータ処理ツール提供を目的とした「Red Data Tools」というプロジェクトを進めています。昨今の機械学習は、PythonやRなどの言語を使用したライブラリの普及により実現されてます。Rubyで機械学習やデータ分析をするためには、Python等で提供のライブラリと低いコストでデータ交換を行える共通フォーマットを使用することが必要です。当日はRed Data Toolsがこれらを実現するためにとっているアプローチと今後の展望について紹介します。

株式会社Speee デジタルコンサルティング事業本部 畑中 悠作 氏

金沢工業大学情報学部情報工学科を卒業し、2014年4月に株式会社Speeeに入社。社内システムの作成・保守・運用に携わった後に、現在は自社で作成しているネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」にてアルゴリズムの実装を担当。インフラ面も担当をしておりDockerとECSを使用した分散バッチシステムを作成し解析処理を行っている。
15:55   トークセッション Question for Matz
 Ruby・mrubyの生みの親である まつもと ゆきひろ氏へmrubyの技術動向や今後の展開策等についてお尋ねするトークセッションを行います。

Ruby開発者 まつもと ゆきひろ 氏

プログラミング言語「Ruby」の生みの親。 1993年頃からRubyの開発に着手し、1995年にフリーソフトとして公開。 NPO法人軽量Rubyフォーラム理事長をはじめ、株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、一般社団法人「Rubyアソシ エーション」理事長、 米 Heroku Chief  Architectなど、肩書多数。三女一男犬一匹の父である。 温泉好き。鳥取県出身、島根県在住。牡牛座。O型
    <質問者>
GMOペパボ株式会社 シニア・プリンシパルエンジニア 松本 亮介 氏
株式会社Fusic 技術開発部門エンジニア 毛利 啓太 氏
<モデレーター>
九州工業大学 准教授 田中 和明 氏
16:25   ~休憩~
16:30   mrubyを活用した高セキュリティ、実用化可能な世界初のプラットフォームの紹介
九州工業大学 准教授 田中 和昭 氏
17:00   軽量Rubyの最新活用事例紹介
 軽量Rubyについて最新の適用事例と技術情報を紹介します

NPO法人軽量Rubyフォーラム 事務局次長 石井 宏昌 氏
17:20   ~終了~
17:30

19:00
  展示・交流会

~発表/出展企業様~ (決まり次第順次追加していきます)
◆交流会:LT企業◆
株式会社エフェクト
株式会社Fusic
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
株式会社アダチスポーツ
◆ロビー出展企業◆
・特定非営利活動法人軽量Rubyフォーラム
正興ITソリューション株式会社
株式会社エフェクト
株式会社Fusic
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
株式会社アダチスポーツ
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ご連絡】
※内容・タイムスケジュールは変更になる場合がございます。随時更新させていただきます。
※交流会場へ入場後の参加費(4,000円)の返金は致しかねます。何卒ご了承ください。
※交流会は飲料・食事をご用意しております。
 お車を運転される方の飲酒は固くお断りいたします。公共の交通機関をご利用ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【問合せ先】
福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議
(福岡県商工部新産業振興課内 Ruby・コンテンツ班)
     福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目17-1 福岡県福岡東総合庁舎5階
     TEL:092-483-1225
     FAX:092-483-1216
     MAIL:info@f-ruby.com
     ※TEL受付時間は、10:00~17:00(土日・祝祭日を除く)とさせていただきます。

アクセスマップ

Loading...

ページの先頭へ戻る